外国人採用の書類選考



1、採用目的を明確に

外国人スタッフを採用する場合、「採用目的を明確にする」ことが日本人社員を採用する場合よりも重要です。なぜならその外国人が取得するビザ(在留資格)に大きく関係してくるからです。ビザによって活動できる職務に制限があるため、日本人社員なら普通にできる、社内の「配置転換」が簡単にできない場合があります。

外国人スタッフを採用してどんな仕事をしてもらいたいのか? (その仕事は日本人では無理なのか・外国人の必要性をはっきりさせる)等の採用目的を決めます。



2、書類審査での確認事項

①採用予定の外国人の学歴と担当業務の関連性を確認する
履歴書、職務経歴書を送ってもらうことと思いますが、新卒の場合、大学、専門学校の成績証明書を提出してもらい、 学校の履修内容と仕事内容との関連性を確認します。

職歴のある人の職務経歴書では「いつからいつまで、どのような企業に雇用され、どのような権限・責務で、どのような職務内容を行いどのような業績をあげたかを具体的に記載してもらいます。

貴社はビザ申請の時に、 その外国人が何を勉強してきた(どんな経験があるか)、その知識が貴社でどんなふうに活かせるのか、(その外国人の学歴と担当させたい業務内容の関連性)を入国管理局に説明しなければなりません。ですから、面接前の書類審査から 「外国人の学歴と担当業務の関連性」を意識しましょう。

ビザが取れるかどうかはそこが一番のポイントです! もしよくわからない場合は入国管理局かビザに詳しい行政書士に確認して下さい。


②在留資格と在留期限を確認する
職務経歴書等に、在留資格・在留期限・資格外活動許可の有無を記載してもらっておきます。現在の在留資格は何か、その 有効期限(満了日)はいつかを確認します。

例えば、技術・人文知識・国際業務、留学、家族滞在、永住者、日本人の配偶者等など、ビザ(在留資格)の種類と、有効期限が過ぎていないかの確認します。これらの「在留資格」の種類と「在留期限」は会社にとって不法就労者を雇用しないための最重要項目です。これらをしっかり確認することが重要なポイントです!