外国人採用面接

採用面接での確認事項

①法律上雇用できるか確認する
在留資格は、その在留資格の範囲で、かつ定められた在留期間に限って就労が認められます。ですから面接のときにも「担当業務」が在留資格の範囲内か、在留期限を過ぎていないかを パスポート・在留カード等の現物で必ず確かめます。外国人の場合、職務内容以外に、募集形態によっても、お仕事できる「在留資格」が違ってくることがあります。
(判断に迷ったら、入国管理局又はビザ専門の行政書士に確認して下さい)

②経歴・職歴・業務内容の確認する
書類審査の履歴書や職務経歴書を見ながら、記載事項に間違いないか口頭でも確認します。そして 入社後どのような業務を担当してもらうか明らかにします。重要なのは学歴と業務内容の関連性なので、特に専門学校生の場合は「成績証明書」等で、しっかりチェックして下さい

③学生時代の生活について確認する
新卒の外国人を採用する場合、学生時代の素行も問題になります。一番危険なのは、学校にあまり行かず、アルバイトを規定の週28時間を超えてしていたような人です。 入国管理局からは「素行不良の人」という評価を受け、在留資格の変更申請が不許可になる可能性が高いです。ですから学生時代しっかり勉強していたか質問してしっかり確かめて下さい。

④前職の退職後の空白期間に注意する
中途採用する場合は、前職の退職後の空白期間がないか注意 が必要です。
この空白期間にこの外国人が、生計を維持するため何をしていたのか、把握する必要があります。 外国人が失業しても在留期間の満了日までは在留資格は有効ですが、その外国人が正当な理由なく就労していない状態が3か月を超えている場合、在留資格が取り消されてしまうことがあります。
このような状況にある外国人を採用しようとする場合、適正な届出がされていないことがわかると素行不良とみなされ在留資格変更ができなくなる可能性もあります。

⑤日本語能力を確かめる
採用面接で、会話能力とともに読み書きの能力もチェックしましょう。 日本での滞在期間が長くなると、日本語の日常会話はある程度できるようになりますが、読み書きができるかどうかは別問題です。会話はできても、読み書きがあまりできない外国人は少なくないです。
会社のマニュアル等、社内文書の読解、報告書の作成等読み書きが必要な場面は多いです。履歴書の資格(日本語能力試験等)のみで判断せず、面接の場で筆記試験を行っても良いと思います。