海外から人材を呼ぶ



海外に在住する外国人を採用する(呼寄せる)場合、面接,採用を決めた後の手続きとしては、在留資格認定証明書の申請をして海外の現地日本大使館等で就労ビザを取得し、来日するのが一般的です。

在留資格認定証明書とは?

外国人が日本で行なおうとする活動が上陸のための条件に適合しているか、法務大臣が事前に調査を行い、適合すると認められる場合に発行される証明書です。

外国人が、本国で日本の大使館等にビザの発給申請をする場合に、在留資格認定証明書を添付することで、在留資格にかかる上陸条件についての法務大臣の事前調査を既に終了しているものとして扱われるので、ビザの発給がスムーズになります。

ご注意として、在留資格認定証明書は発行後3か月以内に日本に入国し上陸の申請をしないと失効してしまいます。ですから、あらかじめ入国スケジュールを確認して申請する必要があります。


外国人が日本に入国する前に行う手続き


1、在留資格認定証明書の交付申請
  外国人の居住予定地または雇用先企業等の所在地を管轄する地方入国管理局に在留資格認定証明書交付申請書を提出。審査には通常1~3ヶ月程度かかる。

     

2、在留資格認定証明書の交付
  問題がなければ、通常は入国管理局から雇用先企業に在留資格認定証明書が交付される。企業は記載事項に誤りがないかどうか確認し、その認定証明書や必要書類を本国にいる外国人本人宛てに確実な方法で郵送する。

     

3、ビザ発給申請
  海外で受け取った外国人は在留資格認定証明書を受領した後、必要書類とこの在留資格認定証明書の原本をもって自国の日本大使館,領事館などにビザ発給を申請。

     

4、ビザ交付
  在留資格認定証明書が交付されている場合は、既に在留資格に関する事前調査が終了しているものと扱われるためビザは通常数日~数週間程度で発給される。

     

5、上陸申請
  ビザを取得した上で日本に渡航し、入国審査官にこれを提示して上陸申請を行う。
 特別な事情がない限り、在留資格認定証明書記載の在留資格が外国人に付与されることになる。
  
※在留資格認定証明書には、発行後3ヶ月という有効期間があるので、この期間までに日本に入国しなければ無効となります。日本での雇用開始時期に合わせた計画的なスケジュール調整が必要です