身分系の在留資格を持つ外国人の雇用



身分系のビザ(在留資格)とは


「日本人の配偶者等」「永住者」「永住者の配偶者等」「定住者」の在留資格のことです。
これらの在留資格を持っている外国人は就労するにあたってなんの制限もありませんので自由に働けます。したがって新規に就労ビザを取得する必要はありません。

就労制限がないという事は、単純作業や肉体労働、レジや販売、工場の仕事でも制限なく雇用可能です。ですので、外国人を雇用する場合に一番採用しやすいのが身分系のビザを持つ外国人です。


1、各ビザの簡単なご説明

日本人の配偶者等:
日本人の配偶者若しくは特別養子又は日本人の子として出生した者

永住者:
日本の永住権を取った外国人

永住者の配偶者等:
永住者等の配偶者又は永住者等の子として本邦で出生しその後引き続き本邦に在留している者

定住者:日系人やその配偶者、「定住者」の実子、日本人や永住者の配偶者の実子(連れ子)、中国残留邦人やその親族など。
(法務大臣が特別な理由を考慮し一定の在留期間を指定して居住を認める者)


2、注意点

もし「日本人の配偶者等」と「永住者の配偶者等」のビザをもっている外国人が配偶者と離婚すればそのビザは更新ができなくなりますので、雇用継続に当たっては注意が必要です。