転職外国人の中途採用

外国人を中途採用する時に確認・注意すべき事

 

  • 1、現在の在留資格と在留期間(満了日)の確認

  • 2、その外国人がもっている在留資格(ビザ)が応募職種に適合するか

    例えば、転職の面接にやってきた外国人が「就労ビザを持っています」といってもそのビザが「技術・人文知識・国際業務」のビザでした。その場合、その外国人を飲食店の調理やホールで働かせることはできません。

    採用担当者が就労ビザに関する基礎知識がないと安易に(知らないうちに)違法な採用をしてしまうかもしれません。 

    ビザはただ持っていれば良いというものではなく、職種に合致した就労可能なビザを持っている必要があります。

    別の会社で仕事していた外国人を中途採用した場合、その外国人が貴社で仕事できるかどうか確認したい時は、就労資格証明書交付申請を行い「就労資格証明書」を取得するようにした方が無難です。

    就労資格証明書とは、外国人の学歴や経歴と貴社の登記事項証明書や会社案内、財務内容を証明する書類を入国管理局に提出して、その外国人が「現在の在留資格(就労ビザ)で貴社でも仕事ができる」ということを証明した書面です。これで安心して貴社で働けます。

  • 3、内定通知書には「就労の在留資格が許可されないときは、内定を無効とする」という停止条件を入れた方が良い

    外国人の雇用は会社が内定を出しても入管局が在留資格を許可しなければ仕事に就くことができません。
    在留資格が許可されるまで採用できないリスクがあります。そのため上記の条件の一文を内定通知書に入れておくのが良いでしょう。