外国人留学生の就職拡大と条件緩和の動きあり!

法務省が、「外国人留学生の就職拡大」で、優秀な外国人材の日本定着に本腰を入れ始めました。

5月,6月に、来年4月から設けられる予定の「新資格」(業界ごとに実施する技能と日本語試験の合格者か、或いは外国人技能実習制度(最長5年)修了者が取得できる「新資格」)(新資格」についてはこちら)で「単純労働」を認める方向にある記事を書かせて頂きました。今まで「単純労働」を認めてこなかった政府でしたのでこの「新資格」には驚きましたが、今回の外国人留学生に対する就職条件の緩和に更に驚き、また同時に非常に嬉しいニュースでした。

 

 

外国人留学生就職の条件緩和

法務省は2019年4月にも以下のような条件緩和の新制度を導入し、留学生の就労拡大につなげるとのこと。

「日本の大学または大学院を卒業し、年収300万以上で、日本語を使う職場であれば、業種や分野を制限せず外国人の在留を認める」

この「日本語を使う職場」ですが、「一定程度の日本語能力を必要とする業務全般に拡大」する方向ということで、日本語による円滑な意思疎通が必要な業種、例えば「レストランでの接客業務やツアーコンダクター」等も可能とするともあります。

私はインバウンドの添乗員をしていた時に経験しましたが、実際、旅行の行程の説明や注意事項、添乗地の説明、料理の注文を取るために料理の説明を通訳するのは簡単なようで難しいです。これがまだ外国語を日本語にして日本人に説明するならまだ良いのかもしれません。しかし日本に旅行に来ている中国語圏の方に中国語で説明しなければならないのは、添乗員としての体力・気力や危機管理、もちろん「おもてなし」にプラスして観光地を調べ、翻訳・通訳するので、やりがいもすごくあるのですが、非常に大変です。

中国人、香港人、台湾人の違いもあり、これは日本人がやるより日本にいるそれらの国の方がやった方が良いかも、と思った時もありました。というような個人的な思いもありまして、今回の「外国人留学生の就職拡大の動き」に関しては喜ばしい限りです!

 

 

 

これまでの「就労ビザ」

これまで、就労ビザ(就労系の「在留資格」)は大学の専門分野と関連ある就労のビザしか認められませんでした。詳しくはこちらそのため就職先が限定されたり、日本語の能力がすごく高くても単純労働もしなくてはならない等ビザを取得できる条件に合わないというような問題がありました。(例えば、ホテルやショップの通訳の仕事では通訳をしていない時にはお客様の荷物を運ぶ、掃除をする、商品を出したり、陳列する等の「単純作業」をしたりすることが問題でした)

ですから優秀な外国人が日本で仕事がしたくてもビザが取れず、就職できない状況がありました。それで、日本の大学等を卒業した留学生の3割程度しか日本で就職できず帰国していました。これは日本にとっても外国人留学生にとっても残念なことだったと、個人的に強く感じていました。

 

 

 

日本の専門学校を卒業した留学生

また、政府は、日本の専門学校を卒業した留学生には日本文化に関わる仕事での在留を広く認めるとのことです。この「日本文化」とは「海外で人気が高く政府が推進するクールジャパン戦略に関連する分野」で、想定されているのは、アニメ、漫画、日本料理、ゲーム等です。

条件としては「働きたい分野の技能を専門学校で習得したこと」です。これは作品設計等の高度な業務だけでなく、背景の色塗り等補助的な仕事も対象とのことです。日本文化の魅力を外国人観光客に対して、また世界の人々に対して、発信してくれる人材確保に日本政府は乗り出しました。

 

 

 

私は元々、日本の素晴しいところを日本人はもちろん、外国の方にも知って欲しいと思い日本を紹介する旅行の仕事をしました。この就労ビザの仕事をしているのも「日本の会社」と「日本で仕事をしたい外国人の方」のお役に立ちたいと思ったからです。来年「就労ビザ」で大きな変化があることは確実となってきましたので、今まで以上に外国人を雇用したい会社様のために、日本の会社で仕事したい外国人の方のために頑張ります!

 

※このブログは2018年9月6日の日本経済新聞・読売新聞・毎日新聞の記事を参考にしています。